作戦名発表!【欧州方面反撃作戦 発動!「シングル作戦」】

どーも。

夏イベ開始はいつかいつか…とそわそわしているおっしーです。

23日の運営ツイートで夏イベの作戦名の発表と海域の作戦名の発表があったのでまとめていきます。

作戦開始日についての言及はありませんでした。

2019年8月23日の運営ツイート

作戦名は【欧州方面反撃作戦 発動!「シングル作戦」】と発表されました。

前段作戦は2海域でE-1は先日発表されたとおり「ブレスト防衛作戦」、

E-2は「ジブラルタルを越えて」と発表されました。

ジブラルタルとはWikipediaによると

ジブラルタル(Gibraltar)は、イベリア半島の南東端に突き出した小半島を占める、イギリスの海外領土。         Wikipediaより引用

となっています。

現在でもイギリス軍が駐屯し、地中海の鍵として軍事、海上交通上での重要な地となっています。

出典:Googleマップ

確かに地中海に繋がる要所ですね。

ここがE-2の舞台となります。

後段海域となるE-3は発動!「シングル作戦」です。

シングル作戦とはアンツィオおよびネットゥーノ上陸作戦のことでアンツィオの戦いと呼ばれる戦いの中の作戦の1つです。

舞台はイタリアのアンツィオでその上陸作戦となりそうなので対地装備は必須になりそうです。

後半作戦海域では甲・乙作戦では水陸両用作戦の準備をしておくようにとのツイートがありました。

やはり、上陸作戦なので対地は必須ですよね。

問題はわざわざ水陸両用作戦と書いている点です。

これは普通に対地装備だけしておけばいいというわけではない気がします。

対地を含むギミックなのか春イベのように強力な陸上敵と敵の艦隊が待ち構えているのか…

しかも、甲と乙になだけ言及している点を鑑みるとギミックである可能性もでてきます。

とりあえず今の所は

全く想像がつきませんね…

とにかく陸上型の敵と固い水上艦が同時に出てきてもいいように対地装備の充実夜戦で敵を貫ける装備の改修などできる準備はしっかりとしておきましょう。

欧州方面反撃作戦 発動!「シングル作戦」の考察

全体考察

全作戦の作戦名が分かったのでルートはこうなることが予想されます。

出典:Googleマップ

フランスのブレストからジブラルタルの経由してイタリアのアンツィオに行くことになります。

ブレストを防衛した後にアンツィオに向かう為にジブラルタルを経由して地中海に入りイタリアを目指すことになりそうですね。

イタリアで何が起きたんですかね…?

アンツィオの戦いはイタリアを舞台にしたイギリスとアメリカを中心とした連合国軍とドイツ軍の戦いです。

艦これでは地上戦はできないので上陸用舟艇(艦これで言う所の大発動艇や戦車隊)をアンツィオに運ぶ(=シングル作戦)のが今回の主な目的になりそうですね。

なので敵は陸上型になり陸上型の敵に特効のある大発動艇や戦車隊などの準備がこのイベントでは大事になるというのは想像がつきます。

しかも今回は海戦がモチーフとは言いにくいので全てのマップに陸上敵がいる可能性があります。

そうなってくると初心者提督には装備面できつい所がでてきそうですがE-1でなんらかの装備を配る可能性もあります。

とにかくイベントが始まるまではできる準備をしっかりしていきましょう。

大発動艇があるのならば戦車隊まで頑張って更新するのもいいですし更新までできなくとも大発動艇の改修をしておくだけでもかなり違ってくると思います。

それと必ず三式弾を作っておいてください。これがあるだけでも対地はかなり楽になりイベント攻略の手助けとなるはずです。

下記の関連記事で三式弾の作り方を載せていますので参考にしてうださい。

関連記事

札について

札は今の段階ではなんとも言えませんが3つ以上あるのは間違いないでしょう。

最近では最終海域だから札関係なく出撃できるというのはないですし、基本的にこのゲームは最悪を想定して準備をしておくとイベントで困るということはほとんどなくなります。

なので、札は3つ以上想定しておきましょう。

ゲージの数やギミックによっては5つ6つとなってもおかしくはありません。

今回の運営ツイートではわざわざ甲と乙では水陸両作戦の戦力整備をしておくように言っています。

甲乙と他の難易度の違いは札による出撃制限があることです。

そのことからも札は単純に海域の数だけの3つではなくそれ以上あるものだと想定しておいた方がいいでしょう。

丙や丁で挑む提督は全力の艦隊で敵をなぎ倒していってほしいと思います。

初めて乙や甲に挑戦しようと思っている提督はそのあたりも念頭においておくと冷静に対処できると思います。

特効艦について

日本艦で特効は今回はなさそうですかね…

日本は無関係の作戦です。

単純に強い艦を適材適所で使っていけばいいと思います。

強いて言うならば大発や内火艇が装備できる駆逐艦や軽巡をしっかり育てておきましょうということでしょうか。

海外艦だとイギリスアメリカドイツイタリアの艦が今回は関連が強そうです。

これらの国の艦は艦これでも割と多めに実装されているので今回は活躍してくれそうですね。

E-1の舞台はフランスなのでリシュリューコマンダンテストにも活躍の場があるかもしれません。

あとは艦これ内ではこの作戦がどのような扱いになっているかで使っていくべき艦が決まっていきそうです。

友軍の問題もあるので特効があるからその艦でつっこめーとはならないのが今の艦これの難しいところですね。

基本的にはある程度の情報がでてから攻略していくのをおすすめしております。

情報をだしてくれる先行組には感謝しましょう。

まとめ

①夏イベの作戦名は【欧州方面反撃作戦 発動!「シングル作戦」】と判明。

②海域名も全て発表されました。

  • E-1 ブレスト防衛作戦
  • E-2 ジブラルタルを越えて
  • E-3 発動!「シングル作戦」

③シングル作戦はイタリアのアンツィオに上陸用の船を運ぶというものなので基本的には対地用の装備が重要であることが予想されること。

④甲と乙の攻略では水陸両用の戦力の整備をしっかりしておくこととの注意喚起があったこと。

⑤特効艦は史実的には欧米艦に集中しそうなこと。

以上が今回のまとめとなります。

今回のツイートでは開始日やドロップについての言及はありませんでしたが、今回のE-1の舞台となるブレストでは前回のイベでは伊14リシュリューのドロップがあった地点でもあります。

そういった豪華なドロップにもこのイベントには期待したいですね。

それでは今回はこのへんで。またね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

掲示板

管理人おっしーのプロフィールはこちら

まだできたばかりのサイトですがどんどん情報を発信していきますので応援お願いします。

紹介する装備編成はできるだけ開発可能なものや任務で入手可能なものにしています。

コメント反映はできるだけ早くするように努めていますがそれでも遅くなる時がある事をご了承ください。

ニコ生もやっているのでよかったらきてください。

ニコ生コミュニティ

youtubeのチャンネルも開設しました。

YouTubeチャンネル

カテゴリー

ピックアップ記事

スポンサーリンク

ツイッターでも艦これ情報を呟いています

スポンサーリンク

このブログのランキングは?

1日1回クリックしてくれると管理人のモチベが上がります。

にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ

おすすめ記事

  1. 2020年6月27日から梅雨~夏イベント『侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦』が発動しました。 後段作戦の…
  2. 2020年5月20日のメンテナンス後に実装されたクォータリー任務『小艦艇群演習強化任務』の攻略記事で…
  3. 各遠征の成功条件だけをできるだけ簡潔にまとめています。 獲得できる資源やアイテムについては記事公開…
  4. 2019年7月18日のメンテナンスから実装されたMonthly遠征についてまとめています。 毎月の…
  5. 2019年7月18日のメンテナンス以降に実装された新遠征やMonthly遠征についてまとめています。…
  6. イベントや通常海域では6-4と6-5で使用する基地航空隊ですが触ったこともない人にはなにがなんやらで…
ページ上部へ戻る